light.gg

星喰らいの鱗

エキゾチック / ハンター / レッグアーマー / Leg Armor

空を食らえ。星明かりが消えて真っ暗になるまで食らいつくせ。そうすれば、お前の遠吠えに宇宙は恐怖で震えるだろう。

入手方法: 伝説と達人の失われたセクター(ソロ)

Exotic Perks

光の祝宴

光の祝宴

拾った力のオーブから追加のスーパーエネルギーを得る。スーパーエネルギーが満タンの時に力のオーブを拾うとスーパースキルがオーバーチャージされ、発動時に体力が大幅に回復し、スーパースキルダメージにボーナスが付与される。最大までオーバーチャージすると、2つ目のシールドが得られる。

Community Research

Credits
Increased Super Energy from Orbs of Power.
7.1% -> 10% for Super Orbs
2.5% -> 4.17% for Small Orbs

While Super Energy is full:
Picking up an Orb of Power grants 1 Overcharge Stack.

Each Overcharge Stacks grants increased Super Damage, up to 70%.
14% | 27% | 40% | 55% | 62% | 66% | 70%
Casting Super while Overcharged heals you for 95 to 200 HP based on Overcharge Stacks.
Casting Super while at 8 Overcharge Stacks grants you a 100HP Overshield for 16 seconds.
Last Updated 2022-04-24

Related Collectible

Lore

星喰らいの鱗

空を食らえ。星明かりが消えて真っ暗になるまで食らいつくせ。そうすれば、お前の遠吠えに宇宙は恐怖で震えるだろう。

ノコギリ波の耳障りな音が、まどろんでいたエクリスを驚かせた。彼はうなると、簡易ベッドから起き上がって操縦席にぐったりと座った。警告音が鳴り響いている間も、分厚いガラスの画面に大量のデータが流れている。それらの情報を統合すると、スキャナーに重大な干渉あり、メインドライブの推進に故障が発生、近接センサーに誤検知あり、ということらしい。渡り幅13センチもないであろう丸窓から外の様子を伺うと、うっすらとした青い粒子が通り過ぎるのが見えた。

「衝突か?」と考えを口に出した。

背後から声がかかる。「小惑星帯まではまだ数日ある。この辺にはぶつかるようなものもない」

エクリスは椅子を回して副操縦士を見た。目を細めて、そのエリクスニーの名前を思い出そうとしたが、何も出てこない。それを申し訳なく思った。一緒に働くようになってしばらくたつのに、未だに名前を覚えられない。

「ラクシルだ」と副操縦士は、計器に集中しながら言った。「名前を思い出せないときは、いつもその顔をする」

エクリスは恥ずかしさから顔を背けた。「奇妙な偶然でね。ラクシルという名前の兄弟がいた」

「ラクシルという名の兄弟も、エクリスという名のパイロットも、そう珍しいものじゃない」と副操縦士が言う。

エクリスはその意見が正しいとは思わなかったが、それは重要なことではない。

「ドライブが落ちている。フィールドに引っかかったのかもしれない」とエクリスが言った。

「引っかかってはいない」とラクシルは言いながら、操作盤に命令を打ち込んで警告音を止めた。「遅いだけで、速度は安定している」

「制御できないな…」エクリスは不安げに言った。「運がよければ、いずれ抜けられる」

「ミスラークスへたどり着くだけでも長旅だ」ラクシルは隔壁に座ってため息をついた。「今でも彼がケル王だと思うか?」

エクリスは頭の中をくすぐられる妙な感覚に襲われた。その件について副操縦士と話した記憶がない。

「最善の選択肢であることは間違いない」と言った。「彼はこれまでと違う。新しいやり方でみんなを団結させられる」

ラクシルは下顎を「カチッ」と慣らした。「聞き飽きた言葉だな」

エクリスは否定的に爪を振った。「お前は単に反対したいだけだ」

「お前の目を覚ましてやりたいだけだ」とラクシルは反応した。

エクリスはあざ笑った。「ケル王はすべてのエリクスニーにとって希望の象徴だ。希望なしに生きたほうがいいというのか?」

「その神話がみんなを引き裂いているんだよ、兄弟」とラクシルは言った。「みんな山頂を目指しながら分断され、涙を流す。山頂から見下ろすと、破れた自分たちのバナーの上に立っているだけだと気づく」

何かがエクリスの心に引っかかった。ラクシルはいま自分のことを「兄弟」と呼んだのか?

ラクシルは自分の意見を続けた。「このまま進んでも、団結というのはみんな一緒に死ぬことを意味する。ケル王が支配できるのはハウス・オブ・サイレンスだけだ」

エクリスは怒りに顎で音を鳴らした。「自分たちを傷つけるだけの夢なら、なぜエリクスニーはそんな夢を見る?」

「エリクスニーの夢ではないのかもしれない」と、悪魔のような笑みを浮かべてラクシルは言った。「他者が作り上げた夢かもしれない。エリクスニーの団結を阻止するために」

エクリスは爪を振り、立ち上がった。船室の中を歩きながら言う。「もういい。お前は長旅で参っているんだ。少し寝たほうがいい」再び心にむずがゆさを感じる。この船には簡易ベッドがひとつしかない。めまいに襲われ、足下がおぼつかなくなった。見上げると、そこには自分しかいなかった。

「お前は夢を追いすぎるあまり、自分が寝ていることにすら気づいていない」とラクシルは、わずかに悲しみを帯びた声で言った。その声は特定の方向から来ているわけではなかった。操縦席の計器は消えており、音も発していない。情報の流れは遅くなり、警告も出ていない。エクリスが丸窓から覗くと、遠くの星明かりがかすかに見えるほかは、完全な暗闇だった。

Add Review

Please sign in with your Bungie account to add your review.

Top
Loading...
No reviews, yet.