light.gg

ローレライの輝きのヘルム

エキゾチック / タイタン / ヘルメット / Helmet

「どういうことか分からない
なぜこんなにも悲しいのか
過ぎ去った日々の伝説
それが頭から離れない」――『ローレライ』ハインリッヒ・ハイネ

入手方法: 伝説と達人の失われたセクター(ソロ)

Exotic Perks

治癒の炎

治癒の炎

クラススキルエネルギーがフルの時に瀕死状態になるか、バリケードを設置すると、自分のいる場所に回復効果の強化されたサンスポットが生成される。

Community Research

Credits
Sunspots grant Restoration x2.

Upon reaching Critical Health if your Class Ability is charged:
Spawns a Sunspot under you.

Casting your Class Ability spawns a Sunspot.
Last Updated 2022-06-05

Related Collectible

Lore

ローレライの輝きのヘルム

「どういうことか分からない なぜこんなにも悲しいのか 過ぎ去った日々の伝説 それが頭から離れない」――『ローレライ』ハインリッヒ・ハイネ

「大いなる戦士イコラ・レイ…」オフィウクスは嘲笑した。「名誉ある司書」

イコラは使い古されたライフルから埃を払うと、それをじっくりと観察し始めた。「彼のためにこのアーティファクトを整理するのは名誉なことよ。そもそも、あなたも喜ぶべき。あなたは昔から冒険よりも知識を重要視していた」

「いえ、私はベストを尽くべきだと言ってるんです」とゴーストが発言を正した。「昔からあなたは英雄を過度に崇拝しすぎています」

「オシリスは伝説的な存在よ」

「彼はただの人間です」オフィウクスは銃をスキャンした。「確かにオシリスは素晴らしい能力の持ち主です。ですが、あなたなら彼に肩を並べられるはずです」

「私が? あのウォーロックバンガードを越えられると?」今度はイコラが嘲笑した。「あなたも妄想癖があるみたいね、オフィウクス」

「あなたにはそれだけの力がある! でものためには冷静さと忍耐力が必要です!」ゴーストは不意にプラスチックの箱をひっくり返すと、その散らばった山の中からヘルメットを押し出した。「ほら、このヘルメットを見てください。これを装備していた者をどう分析しますか?」

「箱には、EDZにある、ウォーロードであり光の戦士であったカルヌンタの墓から回収したものだと書かれてる」

「読まずに推測してください」

彼女は決まり悪そうに笑った。「ガリア風のデザインね」そこで言葉を区切り、その不完全な模様に目を凝らしていると、何かが彼女の心をむしばみ始めた。

「残念ながら、違います。この第三の目が見えますか? 頬の出っ張りは? 彼は敵に恐怖を与えるために、ハイヴを参考にして作ったのです」

「いえ、これは私たちがハイヴに出会う数世紀前のものよ」彼女はヘルメットをひっくり返して慎重に臭いを嗅いだ。埃。汗。アマニ油。乳香。「腐敗ではなく油の臭いがする。普通、戦士はアーマーを身につけたまま埋葬される。でもこれは彼の隣に埋められていた」

彼女は手でその重さを確かめた。「軽い。それに…」彼女は注意深くヘルメットの表面を観察した。「この彫刻の線の太さには一貫性がない… つまり手作りよ。つなぎ目には彼のDNAが残っている。彼はこれを自分で作ったけど、自身のためではなかった。矢羽根には光が吹き込まれているため視認性が高く、戦場でも簡単に見つけられる。彼はこれを誰かのために作った。カルヌンタの死後、これを身につけることに耐えられなくなった誰かのために」

彼女は慎重にヘルメットを元に位置に戻すと、バイザーの中を覗き込んだ。「彼は愛する者のためにこれを作った」

オフィウクスはしばらくブンブンと音を立てた。「ハイヴに似ているとは思いませんか?」

「ほんの少しね」

Add Review

Please sign in with your Bungie account to add your review.

Top
Loading...
No reviews, yet.