light.gg

デッドマンズテイル

エキゾチック / キネティックウェポン / Scout Rifle

「長かろうが短かろうが、行き着く先は全て同じだ」――カタバシス

入手方法: エキゾチッククエスト「予感」
Popular 120 RPM #1

Exotic Perks

クラニアル・スパイク

クラニアル・スパイク

精密ショットを連続で達成すると標的捕捉と射程距離にボーナスが付与される。
変身能力

変身能力

今後この武器がドロップした時はランダムロールになる。

Stats

威力
100
射程距離
60
Damage Falloff  
安定性
30
ハンドリング
50
リロード速度
50
Reload Time  
照準補佐
60
所持品のサイズ
55
ズーム
18
空中効果
17
反動方向
89
毎分発射数 120
マガジン 14
Selected Perks
Popularity: Overall Select 4 perks to see their popularity.  
Popularity: Perks  
Popularity: Trait Combo  
Popularity: MW Bonus  
Credits

Perk Playground

Perk Playground

Random Curated
Crafted Enhanced
    • {{perk.Name}}
    • {{mod.Name}}

TIP: Theorycrafter Recommendations

The blue/red/gold icons & glows below are Theorycrafter Recommendations. They are the perks that trusted community theorycrafters like for this weapon and can disagree with what is most popular. The colors indicate the game mode for which they prefer the perk.
Color Icon Game Mode
Blue PVE
Red PVP
Gold PVE & PVP
Learn More

Curated Roll

Not all curated rolls actually drop in-game. Learn more

Random Rolls

Item is eligible for random rolls. Learn more
Item has recommended perks from trusted community theorycrafters. Learn more      Hide Recommendations

Popular Trait Combos

ヴォーパル武器
+ フィットストック
13.6% of Rolls
ヴォーパル武器
+ 合成ストック
9.18% of Rolls
ヴォーパル武器
+ ショートアクションストック
8.44% of Rolls
ヴォーパル武器
+ 安定化ストック
7.75% of Rolls
移動標的
+ ショートアクションストック
5.24% of Rolls
移動標的
+ フィットストック
4.17% of Rolls
移動標的
+ 合成ストック
4.11% of Rolls
スナップショットサイト
+ 合成ストック
3.18% of Rolls

Popular Individual Perks

Based on 65.3K+ copies of this weapon, these are the most frequently equipped perks.
  • 14.5%
     
  • 13.7%
     
  • 12.9%
     
  • 12.8%
     
  • 12.3%
     
  • 10.3%
     
  • 7.9%
     
  • 7.7%
     
  • 7.4%
     
  • 21.4%
     
  • 20.2%
     
  • 12.7%
     
  • 12.6%
     
  • 11.8%
     
  • 10.7%
     
  • 10.2%
     
  • 38.8%
     
  • 15.6%
     
  • 10.0%
     
  • 9.5%
     
  • 9.4%
     
  • 8.3%
     
  • 8.0%
     
  • 0.0%
     
  • 28.6%
     
  • 26.3%
     
  • 24.0%
     
  • 20.8%
     

Your Rolls{{RollCountString()}}

Show Tips

TIP: Popularity Ranks

The letters F thru S below are Popularity Ranks. They measure how popular your roll is versus the most popular roll for this weapon among the global community. The most popular roll is ranked S+. The least popular is ranked F-. Popular doesn't necessarily mean "good"; unpopular doesn't necessarily mean "bad". Use what you enjoy!

Learn More

TIP: Theorycrafter Recommendations

The blue/red/gold icons & glows below are Theorycrafter Recommendations. They are the perks that trusted community theorycrafters like for this weapon and can disagree with what is most popular. The colors indicate the game mode for which they prefer the perk.
Color Icon Game Mode
Blue PVE
Red PVP
Gold PVE & PVP
Learn More

TIP: API Perk Swap

The Bungie API now allows us to swap weapon perks for you*. Click individual perks below to swap them in-game. Click "Equip Popular Perks" to pick the perks that result in the highest popularity rank (if you're not already using them).
* You must be in orbit, a social space, or logged off.
{{Status}} 

Sign in to see the rolls you own for this weapon
and compare them against community suggested rolls!

Let's Go

Related Collectible

Lore

デッドマンズテイル

「長かろうが短かろうが、行き着く先は全て同じだ」――カタバシス

ガエリン4のウォービーストが香しい金星のジャングルの道を誘導する。私たちはライフルを低く構え、ゴーストたちはセントリードローンのように木々の上層部を飛んでいる。

「ビークルが古くなってきた。メンテナンスが必要だ。エンジンをろくに切らずに走りすぎたな」と私は口にした。

ガエリンが横目で見てきた。「あの造船工はまだいるのか? 彼女は秋になるとサイダーを作っていた。私たちを飢えた獣のように束ねていたよ」

ため息をついた。「違う、こっちのことだ」私は自分の身体を撫でた。「それに、私があそこに戻れないって知ってるだろ」私はテックス製のライフルに巻き付けてある革を整えた。

「私が自分をチューニングしてることは知ってるよな?」とエクソのハンターが尋ねた。

「なぜ? 不死身なのに」

「自分だってそうだろう」

「そうだが、私は… 遅い。遅く感じるんだ」

「なるほど」

「前とは違う感じがするんだ。勢いが… 足りないというか。ここも本調子じゃない」私はヘルメットをトントンと叩いた。

「悲劇だな。同情するよ。ギルガメッシュに調整してもらうといい」

私はクスッと笑った。「そうだな… 彼なら喜んでやるだろう」

「また何かもめてるのか?」

私はブンブンと首を横に振った。「毎回同じ状態で戻ってくると思うか?」

「私はそうだ。製造時の状態のままだ」ガエリン4が答える。

「たまに思うんだ… 何かが違うって」

ガエリンが立ち止まり目を細めてきた。

私は頭を下げて、フードを前に垂らした。「説明できないんだが、細かいところが。調整したところとかな」

「彼が手を加えていると?」ガエリンの声は驚きよりも真剣さがにじみ出ている。

すぐに答えられなかった。答えがわからないからではなく、まだ疑っているだけだと思いたい気持ちが残っていたからだ。私は頭を上げた。ガエリンは私と目が合うと、頭上の木々を見上げた。

彼は肩を私のほうへ寄せ、ささやいた。「私のクリップはいい奴だが、ゴーストたちは何も知らないってことを理解しないとダメだ。彼らは我々と同じだ。好奇心を抱くし、問いかけてくる。何かがおかしいと感じたら、じっくり話し合う必要がある」

「ちょっと待て… クリップはお前を――」

「やめてくれ」ガエリンが嘲笑した、「考えすぎだ」彼は振り返り歩き続けると、再び「お前だって生きていれば変わる。彼らもそうだ。何も変わらないのは私だけだ」

ガエリンが拳を上げて、私たちは歩みを止める。彼のウォービーストが空気を嗅ぎ、東へと誘導する。我々は歩き続けた。

「ビーストにはなんて名前を付けたんだ?」

「カスタス」

「スパイダーの本を読みすぎだな」

「面白いやつだってあるんだぞ」

私は笑った。「自分を縛り付けるものはすべて首吊り縄になり得ると言ったのはお前だろ」

「それも昔の話だ」

「奴の仕事は受けてるのか? フォールンの?」

「お前にそんなことを言う資格はない、皇帝のいいなりの癖に。エリクスニーたちも付き合ってみると悪くない」

Add Review

Please sign in with your Bungie account to add your review.

Top
Loading...
No reviews, yet.